感染症が流行るとパンデミックになる恐れも

インフルエンザ感染症の予防接種と役立つカロナール

インフルエンザは感染症としては最も認知度の高いものの一つです。毎年必ず冬季に流行することからニュースでも必ず取り上げられ、その流行状況が毎日更新されて発表されています。そのため、いかにして予防していくかやどのような治療法があるかといったことはよく認識されるようになりました。古くからある予防接種による対策は信頼性が高いものであり、リスクの高い小児や高齢者には特に予防接種を行うことが推奨されています。わずか三千円前後の投資で感染症のリスクを大幅に低減させられるのは大きな魅力と言えるでしょう、一方、予防接種をせずに時期が到来してしまってインフルエンザに感染してしまった場合には有効な治療薬が開発されているため、症状を長引かせずに済むようになりました。しかし、インフルエンザにかかってしまうと高熱が出て節々が痛んだり、寒気や悪寒がしたりといった苦しい症状にさいなまれることになります。その軽減が治療薬で必ずしも実現されるわけではなく、まずは症状を緩和したいというのが望みになるでしょう。そのときに役立つのがカロナールです。カロナールはインフルエンザに限らず、発熱を伴う感染症にはよく用いられる比較的穏やかな作用の解熱鎮痛剤ですが、インフルエンザの際に用いてもリスクが少ないとされる数少ない解熱鎮痛剤の一つです。種類によってはインフルエンザ脳症のリスクを上昇させてしまうことが知られているのが解熱地鎮痛剤であり、インフルエンザが疑われたときには飲むべきではないと考えられていました。しかし、カロナールのようにそのリスクの低いものもあるのが事実であり、状況によってはインフルエンザ治療薬と並行して服用することが大切になるでしょう。